認知症カフェ’olu’olu【ふらっと・ぷらっと三原台】

7月13日(水)

ふらっとぷらっと三原台で、月1回程度、認知症カフェ’olu’oluを開催しています。

介護保険制度や介護についてのお悩みなど、
「気にはなっていたけど、どこに聞きに行ったらいいの?」
「こんなこと、聞いても良いんかな?」など、何でもお話できるカフェです!!

介護支援専門員やホームヘルパーなどの福祉専門職と一緒に、美味しい珈琲を楽しみませんか?

7月はカフェメニューとしてパンケーキを予定していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、飲み物だけの提供となりました。

また、介護支援専門員も美味しい珈琲を入れることが出来るよう、練習しています。

「ふらっと・ぷらっと三原台」では、通常、月・火・木・金10時~13時カフェをOPENしています。皆さまのお越しをお待ちしております。

令和4年6月のホーム喫茶【ケアハウス】

6月に入りジメジメとした暑さが感じられ、梅雨入りしたかと思ったら、あっという間に梅雨明けし、6月とは思えないような過酷な暑さの日々。

ケアハウスホーム喫茶では、涼しいホールで冷たいスイーツを召し上がって、楽しんでいただきました♪

6月2日のメニューは、チョコレートケーキとコーヒーゼリーです。

気温も高くなってきて暑さを感じられるようになってきた中で、つるんっと食べられるコーヒーゼリーは大人気でした!

クラッシュしたほろ苦いゼリーに甘い生クリームをかけて召し上がって頂きました。

「私暑いからゼリーにしよう!」

「ちょっと冷たいのん欲しかったからこれにするわ!」

6月9日は、レモンのパウンドケーキとレモンゼリーです。

この日はさっぱりとした味を楽しんで頂こうとレモンのお菓子をご用意。

「私レモン好きやねん。どっちにしようかなー?」

「このゼリー涼しそうでいいね!」

6月16日は抹茶ケーキとプリンです。

抹茶ケーキには間にあんこを挟んでいます。プリンにはホイップクリームとさくらんぼを乗せて。

ホーム喫茶ではお菓子のほかに、コーヒーや紅茶、ココアなどのお飲み物もご用意しています。

猛暑日が続く中、この日はいつも以上にミックスジュースが売れました!

ジュースに使うフルーツはバナナやキウイ、いちごなど季節や日によっても様々で、こちらも大変人気のメニューです!

6月23日はチーズケーキとあんみつです。

あんみつにはみかんやチェリー、キウイ、あんこ、白玉などが乗っています。

「私あんみつにしよ!おいしそうやね~」

「私もこの人と一緒であんみつにするわ!」

6月30日はあずきクリームが入ったロールケーキとわらび餅です。

「あずきとクリームって組み合わせたらおいしいよね~」

「わらび餅ええな!」

と普段あまりお見えにならない方も、わらび餅は!とお越しくださる方もおられました。

園芸クラブ、トマトの収穫【ケアハウス】

初夏に植えたミニトマトにたくさんの実がなりました。

みんなで水やりをしたおかげで、真っ赤なかわいいトマトができました。

「うわー、よお熟れててすぐにとれるわ」と楽しんでおられました。

両手にいっぱいのトマトが取れ、たくさんできたからおすそ分けと職員にも分けてくれました。

いただいたトマトは、甘くて、歯ごたえがあっておいしかったです。

ご本人は「冷やしてから食べる」と、冷蔵庫で寝かせるということでしたが、あとでお話を伺ってみると、結局お友達におすそ分けをして、ご自身は召しあがらなかったとか。

園芸クラブでは、収穫したお野菜や果物を、クッキングクラブにご提供してくださるなど、皆さまの暮らしに彩りを与えてくださっています。

ほーばる!!【ケアハウス】

6月29日(水)

HÖbar(ほーばる)はケアハウスで人気のお食事イベント。

管理栄養士が監修した季節に応じたメニューや、日頃のお食事とは違った特別感を味わっていただいています。

この日は揚げたての天ぷらがメインの「天ぷら御膳」。

天ぷらの具材はカボチャや万願寺とうがらし、ゴーヤやナス、トウモロコシなどの夏野菜に、旬の鱚や鱧。

皆さまの目の前で調理させていただき、揚げたてを食卓にお届けします。

「やっぱり揚げたてはアツアツでおいしいね」

「とうもろこしが甘くておいしい」

前菜にお出しした「うなぎ三種盛り」も好評で、

「うなぎの酢の物が好きやわ」

「わたしは、う巻かな」と、お話も弾んでいました。

前菜のうなぎに、メインの天ぷら9種、ごはん、汁物にデザートまでついた御膳を召し上がられ、皆さま「お腹いっぱい!」とご満足いただけたようでした。

しかし・・・

「次は串カツとかどうや」

「やっぱり寿司が食べたいね」

「昔、仕事帰りに、新世界に串カツ食べに行ったわ」などなど・・・

次のほーばるの企画について、早くも話し合ってくださっていました。

皆さまのご期待に添えるように、これからも美味しい企画を考えていきます。

楽しい食事、安全な食事【ショートステイ 麻の葉・蜀江ユニット】

あっという間に、梅雨明け宣言!これから、ますます暑さも厳しくなるようです。

ゆーとりあでは、おいしくお食事を楽しんでいただくことはもちろん、安全にお食事を召し上がっていただくためにさまざまな工夫をしています。

まだまだ世間では新型コロナウイルスの新規感染者数も増加傾向にあり、予断を許さない状況が続いています。食事中はマスクを外すことから、感染リスクが高いと言われています。

特養ゆーとりあ、ショートステイでは、感染予防対策の一環として、お食事は1人1テーブル、全員1度にダイニングには集まらず、入れ替え制で少人数で召し上がっていただいています。

飛沫感染予防のために、椅子・テーブルは対面になるような配置にはせず、空気感染対策のために常時換気も行っています。

この日のお昼ご飯は冷やし中華と焼売!

「お味はどうですか?」
「おいしいよ~」
「ばっちり」とのお声をいただきました。

焼売に、醬油かソースをかけるかで悩んでいる方がおられました。

5分ほど悩まれた後、

「ソースにします」とのことで、ソースで召し上がっておられました。

皆さまが食べ終わられると、職員はテーブルの消毒、ふき取りをします。

椅子も消毒、ふき取りを行ってから次の方をお呼びし、入れ替え制でお食事をご準備します。

今後も、特養、ショートステイでは感染予防対策を行うことで、皆さまに安全で健康な暮らしを送っていただけるようサポートします。

その中でも食べる楽しみ、喜びを感じていただけるような関わり、接遇に努め、皆さまに気持ちよく過ごしていただけるユニットづくりを目指していきます。