喫茶mi:no(みーの)再開!【特別養護老人ホーム】

8月3日(水)

コロナ禍で営業を休止していた喫茶みーの。

特別養護老人ホームゆーとりあ内にあり、新型コロナウイルス感染拡大前は定期的に営業し、施設ご入居者やデイ、ショートのご利用者はもちろん、面会に来られたご家族や、職員の憩いの場になっていました。

今回の営業再開は、人数制限、予約制、時間ごとの入れ替え制(換気・消毒作業のため)など、さまざまな制限下での営業ですが、予約券をにこにこと眺められ、この日を楽しみにして下さっていた方も。

みーのでは、管理栄養士がご用意する挽きたてのコーヒーや、季節ごとのスイーツも人気ですが、昔ながらの「純喫茶」で過ごすようなゆったりとした時間と空間を味わっていただけるのが魅力です。

一杯ずつ注文を受けてから豆を挽いて抽出するので、多少時間がかかりますが、香ばしいコーヒーの香りの中で、読書をしながら待つ時間も楽しみのひとつ。

待ちに待ったコーヒーやスイーツなどを、笑顔で「おいしいわぁ~」と楽しまれていました。

「コーヒーはホット。アイスはいらん」とこだわりをお持ちの方も。
「他のところと味が違うな、雰囲気もいいしな」とお褒めの言葉をいただきました。

「ケーキも食べたいな」とのご注文。じっくり抽出した水出しアイスコーヒーとともに召し上がっていただきました。

久しぶりの喫茶店で、ゆったりとした午後のひとときを味わっていただき、今回来られた方は皆さまリラックスされていました。昔の思い出話や、それぞれのコーヒーのお好みなどをお話して下さる方もおられ、時間ギリギリまでゆっくりと過ごされていました。

今後も感染予防対策を行いながら、不定期にはなりますが、喫茶の営業を続けていき、皆さまに少しでも豊かで優雅な時間を過ごしていただければと思っています。