お話し会開催【ふらっと・ぷらっと三原台】

11月28日(月)

ふらっと・ぷらっと三原台にて「ご存じですか?人生会議」をテーマに地域向けお話し会を実施しました。

新型コロナウイルス感染の拡大傾向もあり、少人数での開催となりました。

「人生会議って聞いたことありますか?」に「聞いたことはあるけどあんまりわからない」という声もありましたが、ほとんどの方は「聞いたこともない」との反応でした。

統計によると、命の危険が迫った時、医療や介護に関する希望を自分で決めたり伝えられる人の割合は約3人に1人。

自分の希望を大切な人と話し合うのが「人生会議」です。

「もしもの時」にどのような医療やケアを望むのか、心の余裕がある時に考え、あなたの信頼する人たちと話し合い、伝えてみませんか。

お話し会では、人生会議のきっかけになるような動画を視聴し、その後皆さまでお話をしました。

参加者の皆さまからは
「聞いたことなかった」
「考える良いきっかけになった」
「息子とはあんまり話しないから、しとかなあかんね」
「もしもの時に備えて、手紙を書いているよ」
「家族に迷惑かけたくないしな…」などのお話がありました。

自分の最期のことや、大切な家族のこと、なかなか改まって話すことができないけれど、年末年始等のご家族が集まる機会に、少し話し合ってみてはいかがでしょうか?

今後もふらっとぷらっと三原台では、地域の方と一緒に勉強会(お話し会)を定期的に開催したいと思っています。「こんなことが聞きたい」「これをテーマに話がしたい」などがあれば、お聞かせください。

ゆーとりあケアプランセンター(増子・小野)

「人生会議」についての資料もあります。ぜひご覧ください。
下記をクリックすると資料が開きます。
↓  ↓  ↓
人生会議パンフレット(堺市医師会)

介護予防教室Yo!Bona【デイサービスきりり】

11月26日(土)Yo!Bonaを開催いたしました!
介護予防教室Yo!Bonaは「専門家による運動指導」「栄養バランスの取れた簡単健康食」「コミュニティー(人とのつながり)」をテーマに、地域の皆さまの生きがいある生活づくりを応援する教室です。

レッドコード、マット運動、マシーントレーニングの3ステージを順に回り、各ステージで理学療法士やスポーツトレーナーの専門職が個々の身体状況や悩みに合わせて運動指導を行います。

レッドコードでは右左前後ろとテンポよく動き、全身を伸ばします。
肩を大きく開くような運動では「平泳ぎみたいで面白いね」と仰る方もおられました。

マシーントレーニングでは「今日は足を頑張ろうかな」とこれまで取り組んだマシーンの記録表を確認しながら種類と重さを決めていきます。「私は全部を少しずつ回るわ!」と仰る方もおられました。

今回、最後のステージはウェーブストレッチリングを使用してストレッチを行いました。
それぞれがご自宅で行っている運動や体の悩みをお聞きしながら、より効果的な運動方法をご紹介しながら体操に励みました。

最後は管理栄養士監修のスムージー!
今回は旬の果物である柿を使った「秋色スムージー」をご用意しました。体操終盤には「秋色てなんやろね」「この時期なら柿かな?」とスムージーが気になるご様子でした。
管理栄養士からも柿の効果についてもご説明。濃厚な柿の味と甘さのバランスがバツグンと大好評でした。

次回は12月24日(土)開催予定です。
皆さまのご参加お待ちしております。

場所  デイサービスきりり(特別養護老人ホームゆーとりあ内)
日時  毎月第4土曜日 10:00~11:30
参加費 500円/回 (スムージー代別)
持ち物 室内シューズ、飲み物、タオル
定員  15名
TEL:072-236-8779
担当:田中・池側
事前予約制となります。お電話にてお問い合わせください。
定員数に満たした場合は参加をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。

喫茶mi:no<バスクチーズケーキ>【特別養護老人ホーム】

11月21日(月)

今回の喫茶mi:no(みーの)では、元パティシエの介護職員が作ったバスクチーズケーキを販売。

予約制、時間ごとの入れ替え制ですが、たくさんのお客様がいらっしいました。

「わあ!おいしそう、きれいね」

「おいしいわ。もうひとつほしい、持って帰りたい」と大満足なご様子でした。

なかには、「この前はモンブランだったね」と以前のメニューも覚えて下さっているお客様もいらっしゃいました。

「コーヒーおいしいわ」「娘が面会で来たとき誘ってみようかな」「次はいつあいてるの?」
と会話も弾んでいました。

みーのは特別養護老人ホーム1階のパブリックスペースにあります。

久しぶりに1階に降りて来られ、知り合いの職員をみかけると「私のこと覚えてる??」など話しかけられるご利用者もいらっしゃいました。

昔よく、喫茶店に通っていたことを思い出された方もおられました。

コーヒーを昔ご自分でたてていた、コーヒーはよく家でのんでいたな~など、昔の話をたくさんしてくださいました。

今後も不定期ですが、営業時間や来客数を限定しながら、感染予防対策を徹底して営業していきます。

月に1回はパティシエ自慢のスーツがお目見えする予定。お楽しみに。

たこ焼きパーティー!【ケアハウス】

10月25日(火)

ケアハウスで希望者を募り、9名のご入居者が参加され、3名ずつのグループでそれぞれ焼いていただきました。

「昔よう子供らと焼いたわ~!子供ら喜ぶやろ~」と昔のお話をしてくださる方もおられれば、

「私たこ焼き焼いたことないねん!」と初めての方もおられました。

「もういけるかな?これまだ早いな、もうちょっとやな」と焼き加減を見つつ、綺麗に丸く返していきます。

少し変わり種としてチーズも入れてみると、「チーズ美味しいわ!」と好評でした。

お昼ご飯も食べた後ですし、そんなにたくさん召し上がられないかな・・・と思った管理栄養士。生地は少な目にご用意していたのですが、あっという間になくなり

「もうないんか?」「もっと焼こや!」ということで追加の分をご用意!

たくさん焼かれて、なんと「職員で食べ~!」と事務所におすそ分けも頂きました!

お帰りになるときに何個食べましたか?と伺うと、

「12個!」「何個やろ?10個は食べたな!」と皆さんたくさん召し上がっておられました。

「美味しかったわ~!ありがとう!」「楽しかったな~!たこ焼き久しぶりやったわ!」と、大変喜んで頂けたご様子でした。

 

Happy Halloween!【ケアハウス】

10月31日はハロウィン!ということで、昼食にかぼちゃグラタンとさつまいもプリンをご用意しました。

ハロウィンといえば仮装をするイメージが強くなっていますが、その起源は古代ケルト人が行っていた祭りだと言われています。

古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖が帰ってくると信じられていました。しかし悪霊も一緒にやってきて現世の人間に悪さをするといわれていました。そこで人々は身を守るため、仮面をかぶったり仮装をしたり、魔よけの焚火を行ったりしたといわれています。

ご入居者の皆さまからは

「ハロウィンって最近テレビでもよくやってるよね!」

「私グラタン大好きやねんけど、かぼちゃ入ったのん初めてやわ!美味しいよ!」

「このプリン美味しいわ!甘さも丁度良くて」

「おなか一杯やわ~!美味しかった!ありがとう!」

と喜んで頂けたご様子でした。