秋刀魚の炭火焼き! 

10月20日(火)、屋外のバーベキューコンロに炭火を起こして、昼食に食べる秋刀魚を炭火焼きに!

今年は、ケアハウス・特養のご入居者、ショートステイ・デイサービスきりりのご利用者、職員、合わせて180匹の秋刀魚を焼きました。

くっつき防止のため、網に塗っているものは、なんとお酢!「へぇ~!初めて知りました!いろいろ勉強になりますね」と、

秋刀魚を焼き網の上に並べて

塩を振って

火加減を見ながら

皮がこんがり、いい感じに焼けてきたら

網をもう1枚、上から重ねて「よいしょ~」と上下をひっくり返し

「いい色だけど中まで焼けたかな~?」

網の下にはアルミホイルに包まれたさつまいも達が仕込まれていました。

しっとり、ねっとり、あま~い焼き芋!

炭焼き奉行が、「これは焼けてる!」「これは・・もうちょっとやな」と、食べ頃を見極めてから、食べやすい大きさに切り分けて

見物客の皆さまにふるまわれていました。

主役の秋刀魚は、キノコの炊き込みご飯・豚汁・きゅうりの酢の物と一緒に皆様の下へ。

脂が乗って、香ばしく焼きあがった秋刀魚を綺麗に召し上がっておられました。

気持ちのいい秋晴れの空の下、お手伝いに来てくださった方、見物に来てくださった方、ありがとうございました!