ゆう部長、いちごデビューの巻

特養の職員より、きれいな自家製いちごをいただきました。

真っ赤で、形もきれいな、甘い香りのするいちご。

ゆう部長にも、ぜひ、召しあがっていただこうと、その日のお夕飯と一緒にご提供。

「甘いにおいがする・・。なんだこれ!?」と、興味津々。

「美味しそう!ほしい!」と、自ら進んでお座り。

待て・お手・おかわり が上手にできたら・・、「さぁ、どうぞ!」

食べやすい大きさに切ったものから、1つずつ丁寧に味わっていました。

あま~~いいちごに、ご満悦な表情のゆう部長でした。