ぶりしゃぶをほ~ばる! 【ケアハウス】

毎月1回ケアハウス2階、ほっこりルームで不定期開催している “HoBar(ほ~ばる)”

今月は1月29日(水)に「ぶりしゃぶ」をご提供しました。

お品は、ぶりしゃぶ・お造り・3種盛り(う巻き・蛸の小倉煮・なます)・菊花蕪の鶏射込み・白米・白菜漬け

ぶりは、お出汁にそっとくぐらせて、白く色が変わってきたら食べ頃。お豆腐やカイワレと一緒にいただきます。

「ぶりが柔らかくて美味しい!」「お出汁おいしいわ~」と、お出汁まで完飲される方も。

蕪を菊の花に切った射込みは、下茹での際に少しお酢を入れて荷崩れ防止を。なますはみかんをくり抜いた器に盛りつけました。「見た目も綺麗だし、とっても柔らかいわ」「ハイカラでおしゃれね」と喜んでいただけました。

蛸の小倉煮は、大根と一緒に炊くことで蛸を柔らかく仕上げました。「他のお店で食べたときは堅かったけど、これなら柔らかくて美味しく食べられる」と太鼓判。

随所に栄養士が工夫を施し、見た目もお味も楽しんでいただけたご様子でした。

「こんなの他では500円で食べられない!次は何があるの?」と、次回に期待の声もたくさんいただきました。これからも皆様に、日常の食事とは一味違った、美味しく、楽しいお食事を、HoBar(ほ~ばる)を通じてご提供していきます!