1月の認知症カフェ’Olu’Olu(オルオル)

ケアハウスゆーとりあの2階、ほっこりルームで、毎月第3土曜日の13:30から開催している、認知症カフェ’Olu’Olu 。1月は18日(土)に開催しました。

毎月、ゆーとりあの栄養士お手製のスイーツとスムージーをご用意。1月はみかん・いちごのフルーツ大福と、イチゴとバナナのアーモンドミルクスムージー!

栄養士からは、お手製のリーフレットに沿った食材に関する雑学話も。スムージーに使用しているイチゴ等のベリー類に含まれるアントシアニンは、学習や記憶を司る「海馬」の酸化を防ぐので、認知機能低下の抑制につながるそうです。

「ベリーといえば、ブルーベリーが身体に良いのは知っていたけど、イチゴも良いのは知らなかった・・!」と、驚きの声も聞かれました。

スイーツのみかん大福は、「意外と合うんだね。」「美味しい!」と、初めて召し上がる方も多く、大変喜んでいただけたご様子でした。

スイーツを堪能した後は、福笑いで盛り上がったり、オカリナコンサートで冬の歌を歌ったりと、ゆったりとした時間を過ごしました。