ぺったんこ!おもちつき

12月5日(木)10:30~ 社会福祉法人五常会 年末の恒例行事「もちつき」を行いました。

毎年有志を募り、杵を振るって餅をつく人、返し手さん、お餅を食べやすい大きさに分けて丸める人、おもちつきの雰囲気を一緒に楽しむ人・・と、ご入居者もたくさん参加してくださいます。

焚火で暖をとりながら

今年もケアハウスを中心に、特養、ショートステイ、デイサービスきりりからも多数ご参加。職場体験に来ていた中学生男子2名も参加してくれましたよ。

蒸かしたてのもち米を杵でしっかりとつぶして

返し手さんと呼吸を合わせて ぺったんこ!!

もちつき経験の浅い職員は腕の力だけで杵を豪快に振るっていましたが、

熟練者になると腕の力だけでなく、杵の重さも上手に利用して無理なくスムーズに餅をつかれていました。

滑らかにつきあがったお餅はすぐに室内へ。

 

女性陣が手早く食べやすい大きさに丸めていきます。「アツアツのうちに丸めると、ツルンと綺麗な形になるんよ」と、熱いお餅に負けずに手際よく作業されていました。

こうしてできたお餅は、早速、昼食のすまし雑煮に。

14:30~のホーム喫茶でも、きなこや砂糖醤油、大根おろしをまぶしたり、ぜんざいに入れてお餅がふるまわれ、柔らかいお餅を味わっておられました。