大阪老人福祉施設研究大会に出場しました

3月1日(水)

このたび、大阪老人福祉施設研究大会に出場しました。法人代表として特別養護老人ホーム介護フロアリーダーが研究発表をさせていただきました。

テーマは『椅子での食事100%をめざして』。
ゆーとりあでは、介護方針として
・椅子に座って食べる
・おむつはもしものために
・お風呂はひとりでのんびりと
・お休みの時間まで自由に好きに
・できることを減らさない
・日々、気持ちに寄り添って
以上の項目を、ご利用者・ご家族との約束事としています。
その中で今回は『椅子に座って食べる』を取り上げました。

移動のときには車椅子を使用している方も、食事のときには椅子に座り替えていただいていますが、まだ一部、車椅子のまま食事をされている状況が見られていました。
ユニット内での実態調査、ご入居者全員の食事時の姿勢の確認・身体の計測、職員本音聞き出しアンケート、各種研修会開催等を通じて「椅子に座って食べること」に対する意識・知識・技術を向上するとともに、ゆーとりあ独自の身体計測方法や基準値を設定することで、ご入居者一人ひとりに合った椅子やテーブルを、誰もが選びやすくする工夫をしました。
これらの研究内容を通じて『椅子での食事100%』をさらに推進していきます。

当日は、全17施設によるさまざまな取り組みが発表され、施設や法人は違っても、それぞれのご利用者に対し、より質の高い豊かな暮らしを送っていただくために、日々努力されている姿を見せていただくことができました。その内容をお互い参考にして、ゆーとりあの介護現場でぜひ生かしていきたいと思います。

IMG_1257

IMG_1263