”ケアハウスゆう” 様の文化祭に出演! 【ケアハウス】

11月8日(金)富田林にある ”ケアハウスゆう” 様の文化祭にご招待いただき、”ケアハウスゆーとりあ” の音楽クラブのメンバーで出演してきました。

日々練習を重ねてきた、長渕剛の「乾杯」と、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌だった「365日の紙飛行機」を披露しました。

皆さん ”ゆーとりあ” 以外の施設を訪れるのは初めて

館内に展示されている絵画や書道などの作品を熱心に鑑賞されていました。

とてもいい刺激をいただくことができました。

ご招待下さいました ”ケアハウスゆう” 様、ありがとうございました。

 

文化祭開催しました!② 【特養】

ケアハウスと同じく、特養でも11月3日(日)に文化祭を開催しました。

特養では午後から、ユニット発表会と称して、ご入居者の生活をより良いものにしていくために、ユニットで取り組んでいることや、力を入れていることを発表しました。

より分かりやすく、伝えたいことが伝わるように、数か月前から発表の内容や構成を練りに練って挑みました。

写真を使ったり、時には実技を交えながら、熱意溢れる発表会となりました。

ご家族だけでなく、ご入居者もたくさん発表を聞きに来てくださり、職員の思いや日頃の取り組みが、少しでも伝わっていれば幸いです。これからも、お一人お一人の、その人らしい暮らしを支えていけるように頑張ってまいります。

13:00からは、1階きりりルームにてCafe mino~ru(みの~る)がオープン!

今年は文化祭の名物を作ろうと、栄養士が試作に試作を重ねた末に生みだした、至福のロールケーキ「見野山ロール」1品で勝負しました!

「生地がふかふか!卵の香りがして美味しい!」「クリームが甘すぎなくていいわぁ!」と大好評でした。

見野山ロールとコーヒーを楽しみながら、ご家族や同じユニットのご友人、時には職員も一緒に、午後のひとときをゆったりと過ごされていました。

文化祭開催しました! 【ケアハウス】

11月3日(日)文化の日に、文化祭を開催しました。

ケアハウスでは、ご入居者による生活発表会を行いました。

まずは、ご入居者によるピアノ演奏「私の城下町」。

続いて、音楽クラブの皆様による合唱。長渕剛の「乾杯」を力強くも美しいハーモニーで。

メインのパレードは、東京2020オリンピック・パラリンピックに先がけて、「ゆーとリンピック」を開催しました。

まずは、各国代表選手入場!代表選手の皆さまが晴れやかな表情でご入場されました。

そして、開会式の目玉、聖火ランナーのお二人による聖火点灯の後は、

第1種目、ゆーとりあの力自慢による「ウエイトリフティング」!より重たいウエイトを上げるべく、自慢の筋力を競い合いました。

第2種目は近年人気が高まっている「カヌースラローム」!熟練のパドルさばきで、激流もなんのその!

第3種目は「射撃」。2階に設置された的に向かって狙いを定めて・・

見事命中!!

第4種目は、日本選手の活躍で人気沸騰中の「テニス」。普段はにこやかな表情が、ラケットを握ると勝負師の顔に・・!真剣な表情で白熱した打ち合いが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終種目は、ゆーとリンピックの花形・新体操!可憐なリボンの演技で観客を魅了していました。

最後は各種目代表選手にメダルの授与と、聖火の消灯、五輪マークの降納で感動のフィナーレを迎えました。

 

白熱のスポーツの祭典の後は、音楽でクールダウン。清田由美先生の伴奏に合わせて、歌を歌いながら指や身体を動かしたり、ハンドベルの演奏をしたり・・

皆さま馴染みのある歌を一緒に楽しみました。

ひと頑張りした後は、栗ご飯に鶏肉の八幡巻き、天ぷら5種などなどが詰まったお弁当を。

午後からは甘味処もオープンし、栄養士手作りのスイーツをコーヒーやお抹茶と一緒に堪能されていました。

 

抹茶ロールケーキ、スイートポテト、ブランマンジェ、フルーツ大福・・・お好きなものをどうぞ。

ケアハウスの一画では、手芸クラブの皆さまが手作りした和小物も販売。

ポシェットや、巾着型バッグなどの使い勝手抜群なものから、キーホルダーやブローチ、季節のオブジェなどの可愛い小物まで、売り子さんの巧みな接客トークも冴えわたり、飛ぶように売れていました。

 

秋の味覚!さつまいも掘り!

11月2日(土)秋晴れの日に、特養前の畑で大切に育てていた、さつまいもを収穫しました。

まずはツルと土を覆っていたビニールを撤去

早速お芋ほり開始です!

こんな大きいの出てきました~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土を掘り返してみると、ここにも、そこにも、さつまいもが。

五感で秋を。土のいい香りがします。

細長い形のものから、顔よりも大きな大物まで、形も大きさも重さもそれぞれの、個性豊かなお芋たちが収穫できました。

力を合わせて収穫したさつまいものツルは、筋を取って、甘辛く炒めて、きんぴらにしました。

しゃきしゃき、お芋の甘さもほんのり感じられるツルに、懐かしさも感じつつ、皆様召し上がっておられました。

 

10月のホーム喫茶 【ケアハウス】

ケアハウスでは、毎週木曜日14:30~15:30に1階食堂にて、ホーム喫茶を開店しています。

ご入居者同士でお話を楽しまれたり、ご家族とゆっくりとした時間を過ごされたりと、楽しみ方は様々。

そんな時間を楽しんでいただけるように、毎週違ったお菓子を、栄養士が手作りでご用意しています。

 

10月の第1週は、ガトーショコラと白玉ぜんざい

「今日はぜんざいかぁ!それは食べなあかんなぁ!」「美味しいからお替わりするわ!」とぜんざいを2杯ペロリと召し上がる方もいらっしゃいました。

 

第2週は、リンゴケーキと白玉ぜんざい

肌寒さを感じられる季節になってきたので、好評だったぜんざいを2週に渡ってご用意しました。ほっこり温かく優しい甘さのぜんざいを求めて、普段よりもたくさんの方にお越しいただきました。

 

第3週は、「秋のさつまいもフェア」

さつまいもを使ったスイーツを6種類(パウンドケーキ・焼き芋・大学芋・プリン・シュークリーム・スイートポテト)をご用意し、その中からお好きなものを3つ選んでいただくスタイルに。

皆さまメニュー表とスイーツの見本を見ながら、何を選ぼうか真剣に悩み抜き、選りすぐりの3品を召しあがっておられました。

 

第4週は、マドレーヌとメロンのパンナコッタ

「良かったら使って」と、ご入居者からいただいた立派なメロンを使って、パンナコッタにしました。「このメロン、とっても甘いわ!」「ジューシーで美味しい!」と大好評でした。